goodな男性

スーパーカマグラの副作用

医療のイメージ

スーパーカマグラには高い効果を発揮する半面、副作用もあります。服用する人により症状の有無や種類は様々ですが、利用する上ではきっちり理解する必要があります。副作用で苦しむ前に身構えを備えましょう。

スーパーカマグラの代表的な副作用は、頭痛・顔のほてり・鼻づまり・動悸・視覚異常・頭痛などが見られますが、これらの副作用がもし発症したとしても、薬の効果が切れれば自然と症状も消えていく一時的なものです。後遺症的な報告はなく、全ての人に発症するわけではありません。

お酒が弱い人は併用は避けましょう。スーパーカマグラは血管を拡張させて血流を増加することで勃起を維持します。酒を飲むことにより血管が拡張し、つまり、お酒と同時に服用すると全身の血流がオーバーヒートして、一気にアルコールが身体にまわってしまう恐れがあります。お酒の弱い人はできるだけ併用は避けた方がいいでしょう。お酒も血流増やすなら勃起に協力的であると感じますが、アルコールは麻痺作用があります。神経伝達が正常に働かず、勃起指令も無視され勃起にはつながらないのです。

車の運転、危険な作業の前は避けましょう。血管拡張作用により血圧が低下する恐れがあるためです。低血圧になると、めまいや立ちくらみを起こす可能性が高くなるので、車の運転、危険な作業の前は服用を避けた方が無難です。もともと低血圧のの方は特に注意して服用するようにしましょう。

スーパーカマグラの服用を避けるべき人は、狭心症、心筋梗塞、心不全などの治療を受けている人、不整脈、低血圧の人、腎臓障害・肝機能障害がある人。以上に該当する人は必ず医師と相談してください。